トランポリンは足が短い小4の女子が、運動会で活躍する為の準備

■伸長を引き伸ばすために所要活動って効率の良い施策
身長が遺伝によるのは、本当は25パーセンテージ程と言われています。つまり、残余75パーセンテージはライフスタイルの中にあると言って良いのです。

短足で悩む小4女子の問題について

坊やの伸長を引き伸ばすためには、活動ってミールと安眠は欠かせません。その中でも、活動は大きな影響を及ぼします。
ただし、活動の種類によっては、伸長が生じることを遮ってしまうとも言われています。では、如何なる活動なら、伸長を引き伸ばすことに効果があるのでしょうか。

 

●伸長が生じるプロセスは
骨って骨をつなぐ軟骨には、骨を生成する骨端っこ線があります。伸展期の坊やには、こういう骨端っこ線が多く、伸長を引き伸ばすためには適度に刺激することが必要になります。伸長を伸ばしたいなら、縦の動きの多い活動が効率良いと言われています。

ただし、ひざへの手強いインパクトは逆効果だ。ひざを痛めて活動が出来なくなくこともあります。適度な変動活動って骨端っこ線へのストレスが、伸長を引き伸ばすのです。

トランポリンで小4女子の短足の問題の改善策につながる?

●トランポリンはちっちゃな坊やも面白く遊べる
バレーボールやバスケットボールは、縦にものすごく動きます。そのため、伸長が生じるチャンスが多いのですが、着地時にひざへ手強い衝撃を与えて仕舞う可能性もあります。また、部活や分隊などへ参加していないって、気軽にとれる活動ではありません。
その点、トランポリンならひざへの強いインパクトはかかりません。適度なジャンプ力で変動活動が出来ます。また、家庭用トランポリンも通販などで手軽に入手出来る結果、上着を借りたり頭数を揃える義務もありません。

なによりも、トランポリンはレクリェーション感覚で行えます。ちっちゃな坊やからアダルトまで、微笑みながら取れる変動活動は、坊やに良い影響を与えてくれます。

 

●トランポリンによる上で気をつけたい所作
やりすぎはいけません。適度な運動量を心がけましょう。
激しくジャンプしすぎるといった、着地時に落とし穴が伴うことがあります。ジャンプ力をコントロールして下さい。院内で行なうときは、天井や塀などにも注意しましょう。
ジャンプをするときは、ひざを弛く曲げた状態で行いましょう。直した通り変動活動を行うと、ひざを傷つけるケー。

 

●坊やのイヤイヤ期に厄介をさせないために
伸展期の坊やは、我欲を言いたい年でもあります。食生活を記したり夜遅くまでレジャーをすることも少なくありません。活動も強制されるといった不愉快になりぎみだ。
トランポリンなら、活動よりもレクリェーション感覚で出来るので、ちょっとした時間にジャンプしたり、リフレッシュにすることも出来ます。伸長を引き伸ばすことが意義と考えるといったダメージになりそうですが、遊んでいたら伸長が現れると考えれば緊張にはなりません。
身寄り団らんの時間にもなるので、この機会に正邪トランポリンで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

関連記事

 

プラス10アップで14才の男子が150cm台の低身長を変えたい

TOPへ